ページの先頭です

御所市手話に関する条例

[2020年3月26日]

ID:2669

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

御所市手話に関する条例を制定しました

 御所市手話に関する条例が、令和元年12月に成立し、令和2年4月1日施行されます。

 手話は音声言語と異なり、「手・身体・表情」を用いて表現し、「目」で見て理解する視覚的な言語です。ろう者はコミュニケーションを図り、文化を創造するために手話を大切に育んできました。

 今日、障害者の権利に関する条約や障害者基本法で「手話」は「言語」として位置づけられています。御所市でも、市民一人ひとりが手話への理解を深め、手話を用いることで人と人とをつなぎ、安心して暮らせる共生社会を実現するため、この条例を制定しました。

御所市手話に関する条例 啓発チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。