ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    【冬の対策】 水道を凍結から守りましょう

    • [公開日:2022年1月4日]
    • ID:505

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    寒さが厳しい冬季は、給水管(水道管)の凍結にご注意ください。

    寒さは水道の大敵です

    気温がマイナス4度以下になると、給水管やじゃ口が凍って、水が出なくなったり、破裂したりする、水道の凍結事故が多くなります。

    凍結を予防するには

    夜中に蛇口から水を少し出しておく。
    凍結防止材を設置する。
    給水管(外にある蛇口・散水栓等)に風が当たらないようにする。

    凍結した場合

    無理に蛇口を回さず、凍結した部分にタオルなどを巻き、上からぬるま湯をかける。

    ※熱湯は禁止!破損の恐れがあります。

    蛇口・給水管が破損した場合

    止水栓を閉め、御所市指定給水装置工事業者に修理を依頼してください。

    防寒のしかた

    御所市の水道と節水
    • 給水管やじゃ口には、布切れや毛布を利用して、ぬれないように上からビニールテープ等をすき間のないように巻いてください。また、専用の保温材を巻くのも効果的です。
    • メーターボックスには、ビニール袋などに発泡スチロールや布切れなど保温材を入れて、水道メーターを保護するように詰めてください。さらに、ダンボールなどを載せて保温してください。
    • 水抜き栓や不凍水栓をご使用の家庭では、寝る前や留守にする前に、忘れずに水抜きをしましょう。