ページの先頭です

御所市多世代同居補助金について

[2017年4月1日]

ID:1640

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

御所市多世代同居補助金について

御所市では定住支援事業の一環として、平成29年度から御所市内の住宅をリフォーム工事した若年夫婦またはその親等に対して補助金を交付する事業を開始します。この事業は、平成33年度まで行うことが予定されています。

補助金の内容

申請に対して交付決定された工事について、一度限り交付されます。
補助金の交付決定通知を受けた後に着手するリフォーム工事に対して、補助金の上限額を50万円として、補助対象となる工事にかかる経費の1/2(千円未満は切り捨てます)を補助します。

受付開始時期

平成29年4月3日から申請を受付しています。

対象者の要件

申請日時点で

  • いずれかが45歳以下の夫婦とその親等の直系尊属であること。(リフォーム後の同居予定可)
  • 当該リフォーム工事の施工主であること。
  • 対象者世帯の構成員が5年間は対象住宅に同一世帯として同居すること。(やむをえない事情を除く)
  • 対象者世帯の構成員すべてに市税と公課の滞納がないこと。
  • 対象者世帯の構成員が、公的扶助または当該住宅に係る本市のほかの補助等の申請をしていないまたは交付を受けていないこと。ただし、介護保険の住宅改修については同一の工事に対する支給の申請をしていないまたは給付を受けていないこと。
  • 過去にこの補助金の交付を受けていないこと。
  • 申請者とその世帯員全員が暴力団員による不当な行為の防止に関する法律(平成3年5月15日法律第77号)第2条第6号に掲げられた暴力団員でないこと。


対象住宅の要件

  • 御所市内に所在していること。
  • 補助対象者世帯の構成員でない者が所有権を有していないこと。
  • 平成29年4月1日から申請日までの間に所有権の保存または移転登記が完了していること。ただし、未登記家屋の場合は固定し資産税台帳に登録されていること。
  • 過去に補助金の対象となっていないこと。ただし、所有者が過去に補助金を交付された対象者世帯の構成員でない場合はこの限りではありません。
  • 借地上に建っている場合は、当該借地の所有者から工事の同意を得ていること。
  • 別荘など一時的に利用するものではないこと。
  • 賃貸または販売その他の営利目的に利用するものではないこと。

※交付決定される前に施工された工事は補助対象となりませんのでご注意ください。

御所市多世代同居補助金パンフレット

お問合せ

御所市環境建設部建築住宅課

電話: 0745-62-3001 ファックス: 0745-62-5425

お問い合わせフォーム


御所市多世代同居補助金についてへの別ルート