ページの先頭です

御所市小中学校給食献立(令和2年度)

[2020年7月30日]

ID:2797

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

給食献立表

献立表は、こちらからご覧ください。

野菜をたくさん食べよう!

野菜を食べようとしている男の子のイラスト

野菜には、体の調子を整えるビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養素が多く含まれています。また、野菜は低脂肪、低エネルギーで「かさ」が大きいことから、満腹感を与えます。肥満の予防や、血糖値の上昇を緩やかにし、病気の予防などにも効果があります。成人では毎日350gの野菜を食べることを目標としています。
しかし、「かさ」が大きいと食べにくいという点もあります。野菜は「健康に良い」と理解していても、意識しなければ十分な量を摂取することができません。「平成30年国民健康・栄養調査」の結果では、どの年代でも野菜摂取量は不足し、1日350gの目標を達成できていない現状です。特に夏は加熱調理を避けてしまう暑い季節のため、野菜をたくさん食べられなくなり、1年で最も野菜の摂取量が減少する傾向になっています。
8月31日は野菜の日です。トマトやきゅうり、なす、とうもろこし、ピーマンなどたくさんの野菜が旬を迎えています。この夏は食生活を見直して野菜をたくさん食べましょう!

1日分の野菜の量は?

サラダのイラスト

1日の摂取目標の350gの野菜のうち、色の濃い緑黄色野菜は120g、その他の野菜は230gの摂取が目安となっています。1回の食事で約120gの野菜を摂ることになります。

手ばかり法で1食分の目安を知ろう!

手のひらのイラスト

手ばかり法とは、手を使って1食分にとりたい食品の量をはかることです。料理をする時だけでなく、買い物をする時にも目安になるので便利です。120gの野菜は、生野菜で両手の平いっぱいにのる量が目安となります。
毎食、両手いっぱいの生野菜を食べることは大変です。煮る、ゆでる、炒めるなど加熱をすることで野菜の「かさ」は減り、食べやすくなります。加熱した野菜は片手にのるくらいが1食分の目安となります。

毎日350gの野菜を食べるには?

お浸しのイラスト
野菜炒めのイラスト
1日350gの野菜を食べるためには、お浸しやサラダなどの小鉢や小皿1皿分の野菜料理を70gとして、1食に1皿以上、1日で5皿分を目安にして食べてみましょう。
具だくさんみそ汁のイラスト
野菜スープのイラスト
ミネストローネのイラスト
1日の食事でもっとも野菜が摂れていないのは朝食です。手間や時間がかかるという理由であまり食べられていませんが、お味噌汁やスープにたくさんの野菜を入れたり、トーストに野菜やチーズをのせてピザトーストにしたりするなどひと手間加えると手軽に野菜を食べることができます。

お問合せ

御所市教育委員会事務局学校給食センター

電話: 0745-62-0879 ファックス: 0745-62-0891

お問い合わせフォーム


御所市小中学校給食献立(令和2年度)への別ルート