ページの先頭です

防災情報(地震)

[2018年7月10日]

ID:2045

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

避難の際に気を付けること

・頭を保護し、丈夫な机の下など安全な場所に逃げる。

・あわてて外へ飛び出さない。

・揺れが収まってから、ガスやストーブの火を確かめる。

・火が出たら、水や消火器で火を消す。(危険なときは無理をせず逃げること)

・周りの人に「火事だ!」と知らせる。

・避難するときは塀の倒壊や看板・ガラスの落下に注意する。

・正しい情報を収集し、デマや誤った情報を信用しない。また拡散しない。

個人や家庭ででできる防災対策

・家具や家電などは器具で壁や天井に固定しましょう。また上に物を置かないようにしましょう。

・窓ガラスや家具のガラスに飛散防止フィルムを貼りましょう。

・火気の周辺に物を置かないようにしましょう。また防炎加工や耐震自動消火機能のある製品を使用しましょう。

・玄関などの出入口や部屋のドア付近、通路には大きなものを置かず、避難口を確保しておきましょう。

・避難場所までの安全な避難方法やルートを確認しておきましょう。また避難所(別ウインドウで開く)を確認しておきましょう。

・非常用持ち出し品や非常用備蓄品をまとめ、分かりやすいところに用意しておきましょう。

・安否確認の方法や避難の際、離散した場合の集合場所などを家族で決めておきましょう。

気象庁震度階級関連解説表
震度階級 人の体感・行動 屋内の状況 屋外の状況 
 0 人は揺れを感じないが、地震計には記録される。 - -
 1 屋内で静かにしている人の中には、揺れをわずかに感じる人がいる。 - -
 2 屋内で静かにしている人の大半が、揺れを感じる。眠っている人の中には、目を覚ます人もいる。  電灯などのつり下げ物が、わずかに揺れる。 -
 3 屋内にいる人のほとんどが、揺れを感じる。歩いている人の中には、揺れを感じる人もいる。眠っている人の大半が、目を覚ます。 棚にある食器類が音を立てることがある。 電線が少し揺れる。
 4 ほとんどの人が驚く。歩いている人のほとんどが、揺れを感じる。眠っている人のほとんどが、目を覚ます。 電灯などのつり下げ物は大きく揺れ、棚にある食器類は音を立てる。座りの悪い置物が、倒れることがある。電線が大きく揺れる。自動車を運転していて、揺れに気付く人がいる。 
 5弱 大半の人が、恐怖を覚え、物につかまりたいと感じる。 電灯などのつり下げ物は激しく揺れ、棚にある食器類、書棚の本が落ちることがある。座りの悪い置物の大半が倒れる。固定していない家具が移動することがあり、不安定なものは倒れることがある。 まれに窓ガラスが割れて落ちることがある。電柱が揺れるのがわかる。道路に被害が生じることがある。
 5強 大半の人が、物につかまらないと歩くことが難しいなど、行動に支障を感じる。 棚にある食器類や書棚の本で、落ちるものが多くなる。テレビが台から落ちることがある。固定していない家具が倒れることがある。 窓ガラスが割れて落ちることがある。補強されていないブロック塀が崩れることがある。据付けが不十分な自動販売機が倒れることがある。自動車の運転が困難となり、停止する車もある。
 6弱 立っていることが困難になる。 固定していない家具の大半が移動し、倒れるものもある。ドアが開かなくなることがある。 壁のタイルや窓ガラスが破損、落下することがある。
 6強 立っていることができず、はわないと動くことができない。揺れにほんろうされ、動くこともできず、飛ばされることもある。 固定していない家具のほとんどが移動し、倒れるものが多くなる。 壁のタイルや窓ガラスが破損、落下する建物が多くなる。補強されていないブロック塀のほとんどが崩れる。
7立っていることができず、はわないと動くことができない。揺れにほんろうされ、動くこともできず、飛ばされることもある。固定していない家具のほとんどが移動したり倒れたりし、飛ぶこともある。壁のタイルや窓ガラスが破損、落下する建物がさらに多くなる。補強されているブロック塀も破損するものがある。

お問合せ

御所市市民安全部生活安全課

電話: 0745-44-3269 ファックス: 0745-62-5425

お問い合わせフォーム


防災情報(地震)への別ルート