ページの先頭です

特別警報

[2018年7月4日]

ID:53

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「特別警報」が発表されたら、ただちに命を守る行動をとってください。

 気象庁は、大雨、地震、津波、高潮などにより重大な災害の起こるおそれがある時に、警報を発表して警戒を呼びかけます。これに加え、警報の発表基準をはるかに超える大雨や大津波等が予想され、重大な災害の起こるおそれが著しく高まっている場合、「特別警報」を発表し、最大級の警戒を呼びかけます。
 特別警報が対象とする現象は、18,000人以上の死者・行方不明者を出した東日本大震災における大津波や、我が国の観測史上最高の潮位を記録し、5,000人以上の死者・行方不明者を出した「伊勢湾台風」の高潮、紀伊半島に甚大な被害をもたらし、100人近い死者・行方不明者を出した「平成23年台風第12号」の大雨等が該当します。
 特別警報が発表された場合、お住まいの地域は数十年に一度の、これまでに経験したことのないような、重大な危険が差し迫った異常な状況にあります。周囲の状況や市町村から発表される避難情報に留意し、ただちに命を守るための行動をとってください。

「特別警報」イメージ

特別警報
  • 大雨 数十年に一度の大雨となるおそれが大きいときに発表
  • 噴火 居住地域に影響が及ぶ噴石や火砕流のおそれが大きいときに発表
  • 津波 内陸まで影響が及ぶ大津波のおそれが大きいときに発表

特別警報の基準

発表基準
種類基準
大雨台風や集中豪雨により数十年に一度の降雨量となる大雨が予想され、若しくは、数十年に一度の強度の台風や同程度の温帯低気圧により大雨になると予想される場合
暴風数十年に一度の強度の台風や同程度の温帯低気圧により暴風が吹くと予想される場合
高潮数十年に一度の強度の台風や同程度の温帯低気圧により高潮になると予想される場合
波浪数十年に一度の強度の台風や同程度の温帯低気圧により高波になると予想される場合
暴風雪数十年に一度の強度の台風と同程度の温帯低気圧により雪を伴う暴風が吹くと予想される場合
大雪数十年に一度の降雪量となる大雪が予想される場合
「雨」に関する御所市の「50年に1度」の値
48時間降雨量3時間降雨量土壌雨量指数
御所市346mm127mm225

気象庁ホームページ「特別警報に関するページ」(別ウインドウで開く)<外部サイトに移動します>

お問合せ

御所市市民安全部生活安全課

電話: 0745-44-3269 ファックス: 0745-62-5425

お問い合わせフォーム


特別警報への別ルート