ページの先頭です

2018(平成30)年度人権問題講演会

[2018年12月19日]

ID:1965

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018(平成30)年度人権問題講演会を開催しました。

講演の様子

12月8日(土)アザレアホールにて、「子どもの人権から考える」をテーマに「2018(平成30)年度人権問題講演会」を開催いたしました。
講師として子どもの権利条約総合研究所関西事務所長の浜田進士さん、事例発表者として佐竹台スマイルプロジェクト代表の水木千代美さんをお招きし、お話いただきました。
浜田さんは、家庭で生活が困難な児童の生活、就学、就労までの自立を入所しながら支える「自立援助ホーム」を運営。「子どもにとって一番いいことは、大人だけで判断せず、まず子どもに聴いてから、大人と子どもがいっしょに考える」ことだと話されました。
水木さんは、家族で過ごす時間の減少や地域のつながりの希薄化といわれる中で、地域の人が集えるカフェや学習の場、みんなの食堂などコミュニティの場を運営し、これらは地域で子どもも大人もすべての人たちの人権を守ることになっていると事例を紹介されました。
参加者からは、「講師のお二人の熱意・実行力・企画力に敬服しました。」「『人権とは地域の中で育てていくもの』に共感をおぼえました」などの意見が寄せられました。
地域で子どもを支えておられるお二人の活動から、地域のつながりの大切さを学びました。なにか自分の地域でもできることはないかと考えた講演会でした。

2018(平成30)年度人権問題講演会

ポスター画像

 2018(平成30)年度人権問題講演会を開催いたします。
 「世界人権宣言」及び「人権デー」の意義を訴えるとともに、人権尊重思考の普及高揚に努めることを目的として、毎年「人権週間」(12月4日から10日)に開催しています。
 今年は、浜田進士さん(子どもの権利条約総合研究所関西事務所長)と水木千代美さん(佐竹台スマイルプロジェクト代表)をお招きし、「子どもの人権から考える」と題してご講演いただきます。
 先進的な地域の活動事例を聞いて、子どもの人権のことをみなさんと一緒に考える内容になっています。
 たくさんのご参加お待ちしています。

集会テーマ

世界人権宣言採択70周年 子どもの人権から御所市の未来を考える

開催日時

2018年12月8日(土)
受付:13時 開会:13時30分

場所

御所市文化ホール(アザレアホール内)
奈良県御所市13番地(別ウインドウで開く)

プログラム

開会行事 13時30分

  • 世界人権宣言(前文)朗読
  • 主催者あいさつ
  • 来賓あいさつ

記念講演 14時10分

  • 演題:「子どもの人権から考える」
  • 講師:浜田進士さん(子どもの権利条約総合研究所関西事務所長)
  • 事例発表者:水木千代美さん(佐竹台スマイルプロジェクト代表)

閉会 15時45分