ページの先頭です

第45回 御所市差別をなくす市民集会

[2018年7月18日]

ID:1963

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

第45回 御所市差別なくす市民集会を開催しました。

蓮池薫さん講演の様子

 7月8日(日)13時30分よりアザレアホールで、「第45回御所市差別をなくす市民集会」を開催いたしました。
 今回は、蓮池薫さんを講師にお迎えし、「夢と絆」と題して、北朝鮮に拉致されたときの状況や帰国時の心の葛藤などについてご講演いただきました。
 拉致され、将来への「夢」も家族との「絆」も、命以外のすべてを奪われ、言い知れない恐怖と不安、孤独のなか、いつか日本へ帰れることを信じて耐え続けた日々だったといいます。
 現在は、未だに北朝鮮に残されている拉致被害者すべての帰還をめざし、政府と北朝鮮との間でより前向きな外交政策が行われることを願って、各地で講演会などの活動を続けておられます。
 最後に、拉致は北朝鮮のごく一部の人がおこなったことで、北朝鮮の国民の多くはその事実を知らないし、北朝鮮の人や在日コリアンに対して憎悪や反感を抱くようなことはしないでほしいと強調されていたのが印象的でした。

 参加者からは、「大変感動した。」「一日も早い帰国を願っています。」など、ご意見をたくさんいただきました。
 誰の人権をも侵害してはならないということ、自由であることの大切さを、改めて強く感じました。
 予想を上回る来場者で駐車場や受付が大変混雑し、講演中も立ち見をお願いするなど、たくさんのご迷惑をおかけしましたが、みなさんのご協力により、無事終えることができました。
 どうもありがとうございました。

第45回 御所市差別なくす市民集会

市民集会ポスター

 第45回御所市差別をなくす市民集会を開催します。

 すべての人々が人権尊重を当たり前の社会意識として身につけ行動し、人権を基本とした人間関係が広く社会に根付くような豊かな人権文化の創造を目的として、毎年「差別をなくす強調月間」である7月に開催しています。

 今年は講師として蓮池薫さん(新潟産業大学経済学部准教授)をお招きし、「夢と絆」と題してご講演いただきます。

 ぜひ、ご参加ください。

集会テーマ

「新たな認識から『気づき』と『築き』を! ~豊かな人権文化の創造をめざして~」

開催日時

2018年7月8日(日)受付13時 開会13時30分

場所

プログラム

13時30分 開会
 主催者あいさつ
 来賓あいさつ

14時 記念講演
 演題 「夢と絆」
 講師 蓮池薫さん(新潟産業大学経済学部准教授)

15時30分 閉会

講師プロフィール

1957年新潟県生まれ
中央大学法学部3年在学中に拉致、24年間北朝鮮での生活を余儀なくされる。
帰国後、新潟産業大学で嘱託職員、兼非常勤講師として勤務するかたわら中央大学に復学。2005年に初訳書『孤将』を刊行。
翻訳者として仕事をしながら、2008年3月に中央大学を卒業。
3作目の「半島へ、ふたたび」は25万部を超えるベストセラーとなり、新潮ドキュメント賞を受賞。

主催・協賛

主催 御所市・御所市教育委員会
協賛 「社会を明るくする運動」御所市推進委員会

お問合せ

御所市市民安全部人権施策課

電話: 0745-65-2210 ファックス: 0745-65-2207

お問い合わせフォーム