ページの先頭です

御所市小中学校給食献立(平成30年度)

[2019年3月4日]

ID:1962

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

給食献立表

 献立表は、こちらからご覧ください。

食べ方にまつわるうわさ

食べる順で生活習慣病を予防できる?

肥満、糖尿病などの人や生活習慣病の予防のためによく実践されている食べる順があるといううわさは本当なのでしょうか?また、昔は成人病と呼ばれ、大人の病気だと思われていた生活習慣病は、今は若年化が進み、子どもの生活習慣病も増えてきているといわれています。

健康になる食べる順

和食のイラスト

食べる順としては、(1)副菜や汁物(野菜などが多いおかず)(2)主菜(3)米やめん類となります。この食べ方は、生活習慣病を予防し、食事の量を減らさずに体脂肪などを増やしたくない人に有効な食べ方です。

どうして体脂肪が増えにくくなるの?

食事中の男の子

人間は食事をすると、吸収された血液中の糖が増え、体の中でインシュリンというホルモンが働きます。インシュリンが働くことによって、糖が細胞にとりこまれ、それが体脂肪になり蓄えられることになります。そのため、過剰にインシュリンが分泌されないような食べ方が体脂肪をつけにくくするといわれています。
インシュリンが働かないと、血糖値が上がるのではないか?糖尿病になりやすくなるのではないか?と思ってしまいますが、血糖値は食事をすると急激に上がるものではなく、食事に含まれる糖質に影響されるため、食物繊維を多く含む野菜などを最初に食べ、糖質を多く含むものを後に食べることも血糖値を上げにくくします。

食物繊維の多い食品を最初に食べて生活習慣病を予防しましょう

サラダ

食物繊維を多く含む食品は、野菜や豆類、きのこ類、海藻類があります。野菜以外の食品にも食物繊維は多く含まれていますので、いろいろな食材を組み合わせて食べたいですね。また、くだものにも食物繊維が多く含まれていますが、糖質を多く含んでいることもありますので、糖尿病などの予防の観点から考えると食事の最後のほうに食べると良いでしょう。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問合せ

御所市教育委員会事務局学校給食センター

電話: 0745-62-0879 ファックス: 0745-62-0891

お問い合わせフォーム


御所市小中学校給食献立(平成30年度)への別ルート