ページの先頭です

平成29年度国民健康保険税の主な改正点

[2017年6月1日]

ID:1711

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

均等割・平等割額の軽減措置が拡充されました。

平成29年度の税制改正により、前年中所得が一定額以下の世帯の負担軽減を目的として均等割・平等割額の5割軽減及び2割軽減判定の際の軽減基準所得が引き上げられました。
・軽減基準所得が下記の基準以下の場合に均等割・平等割額がそれぞれの割合で軽減されます。
改正前と改正後の違い
 改正前(平成28年度)改正後(平成29年度)
7割軽減33万円以下33万円以下(変更なし)
5割軽減33万円+(26.5万円×国保被保険者数)33万円+(27万円×国保被保険者数)
2割軽減33万円+(48万円×国保被保険者数)33万円+(49万円×国保被保険者数)
※被保険者数には特定同一世帯所属者(御所市国保から後期高齢者医療保険制度へ移行された方)も含まれます。
※所得の申告がされていれば、自動的に軽減判定を行いますので申請は不要です。ただし、世帯内に未申告者がいた場合は、たとえ所得がない場合でも軽減対象となりません。

国民健康保険税の賦課限度額を改定しました。

国民健康保険税については、その年度で課税することができる上限の額(賦課限度額)が条例で定められていますが、平成29年度において、この賦課限度額の改定を行います。地方税法上の法定限度額は段階的に引き上げられる傾向にあり、県下大半の市町村においても、これにならって賦課限度額の改定が行われています。御所市におきましても、国民健康保険事業の適正運営に資するため、賦課限度額の引き上げを行いましたので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 なお、所得割・均等割・平等割の税率については、平成28年度から変更はありません。

≪ 改正前(平成28年度) ≫
 所得割率均等割額平等割額限度額
基礎課税額
(医療分) 
8.4%22,900円22,900円520,000円
後期高齢者支援金等
(支援金分)
2.8%7,500円7,400円170,000円
介護納付金
(介護分)
3.2%9,500円6,900円160,000円
≪ 改正後(平成29年度) ≫
 所得割率均等割額平等割額限度額
基礎課税額
(医療分) 
8.4%22,900円22,900円540,000円
後期高齢者支援金等
(支援金分)
2.8%7,500円7,400円190,000円
介護納付金
(介護分)
3.2%9,500円6,900円160,000円

お問合せ

御所市総務部税務課

電話: 0745-62-3001 ファックス: 0745-62-5425

お問い合わせフォーム


平成29年度国民健康保険税の主な改正点への別ルート