ページの先頭です

2017年度人権施策課(センター)主催講座・研修会等のご案内

[2018年2月1日]

ID:1617

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

女と男のつどい

日時:平成30年2月17日(土) 13時30分から
場所:アザレアホール

記念講演

演題 「いくつになっても輝きを」
講師 (有)みかん山プロダクション 
    タレント・漫才師  辻イト子さん・まがるさん

人権問題シンポジウム

日時:平成29年12月9日(土) 13時30分から
場所:アザレアホール

テーマ:まちづくり・学校づくりを多様な性の視点から考える

シンポジウム
シンポジスト:田崎智咲斗 さん(NPO法人きららの木児童部門責任者)
         中田ひとみ さん(性と生を考える会 代表)
         浦一志 さん(御所市人権教育研究会 会長)
コーディネーター:日高庸晴 さん(宝塚大学看護学部 教授)

人権週間(12月4日から10日)に合わせ、12月9日、「人権問題シンポジウム」がアザレアホールで開催されました。

近年メディアなどで耳にする機会が増えた「性的マイノリティ」をテーマに、コーディネーターに日高康晴さん、シンポジストに中田ひとみさん、田崎智咲斗さん、浦一志さんを招き、それぞれの立場からお話しいただきました。

中田さんは多様な性のありようと奈良で暮らす性的マイノリティの声を、日高さんは研究結果を基に今回のテーマがどれほど身近な問題なのかを、そして田崎さんは自身が経験した学生時代の偏見や周りの人との感じ方の違いなどを語られました。

最後に浦さんは、今後御所市としてとるべき教育方針や「水平社宣言」の解釈を今回のテーマに絡めてお話しされました。参加者からは、「関心を持つ一歩になった」「ぜひみんなにも聞いてほしい」といった意見が多く寄せられました。

「人を見た目だけで判断していないか、決めつけで会話していないか」など、あらためて広い視野を持つことの大切さを学び、自己肯定感や周りの人に対する行動・言動について深く考えるきっかけとなったのではないでしょうか。


シンポジウムの写真

差別をなくす市民集会

日時:平成29年7月8日(土) 13時30分から

場所:アザレアホール

記念講演

演題 「気象予報士として、いま思うこと-人権、震災、そして未来-」

講師 気象予報士・防災士 正木 明さん

 7月は差別をなくす強調月間の一環で毎年この時期に市民集会を開催しています。
 7月8日に市民集会が行われ、講師になんと「おはよう朝日の天気予報」で同じみの正木さんにお越しいただきました。
 アザレアホールで開催いたしましたが、ホールがいっぱいで第2ブースを2階に設置して対応するほどの盛況ぶりでした。

 お話の内容は、天気予報をどう見たらいいのか、情報は常に新しいものを取得するのが好ましいなど、天気予報士と防災士の資格を持たれる方ならではの講話の他に、生天気予報も披露していただきました。
 参加者の方も、正木さんの優しくゆったりした雰囲気に包まれているのと、難しい話を要点をまとめて話される話術で、明るい雰囲気で引き込まれるように講話を聞いておられました。
 近年、異常気象での災害が増えているので、今回の集会を機会に防災について考えてみることの必要性を改めて感じました。天災に関してはいつどこで何が起こっても不思議ではありません。主催した者としてもしっかり最新の天気予報を見ていこうと思います。

講師の正木さんが講演中の写真
正木講師が講演中の写真

差別をなくす市民集会

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

4.11人権を確かめあう日県内一斉集会

日時:平成29年4月11日(火)13:30から

場所:アザレアホール

講演:あなたがいるからわたしはうれしい
    -障害者支援の現場から-

講師:NPO法人 きららの木 理事長 江川美奈子さん

 本年度は内閣府男女共同参画局「女性のチャレンジ賞」を受賞された、きららの木の江川さんをお招きしご自身が経験されてきたことも含め、NPOでの「障がいのある人もない人も一緒になって優しさやいたわりのある地域づくり」に向かって日々活動されていることなど「あなたがいるからわたしはうれしい-障害者支援の現場から-」と題して講演していただきました。

 講演当初から、涙なしには語れない話の中から、あふれんばかりに感じられる「わが子への愛」が会場を包んで、聞いていた市民の方も真剣そのものでした。

 今回、貴重なお話を聞くことができたことでまた一つ違う視点を持つことができたのではないでしょうか。奈良県では、平成28年4月1日に「奈良県障害のある人もない人もともに暮らしやすい社会づくり条例」が施行されたのは記憶に新しいことですが、まだまだ条例のように暮らしやすくなったとはいいがたいところです。今後もよりいっそう暮らしやすい社会になるように努めていかなければならないと感じます。

開催風景の写真

ふれあい人権セミナー

開催日程がきまりました。詳しくはこちら(別ウインドウで開く)

お問合せ

御所市市民安全部人権施策課

電話: 0745-65-2210 ファックス: 0745-65-2207

お問い合わせフォーム