ページの先頭です

映画『天使のいる図書館』

[2017年1月24日]

ID:1133

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

映画「天使のいる図書館」 2月11日より奈良県先行上映決定!

映画「天使のいる図書館」

2月11日(土)より奈良県先行公開
TOHOシネマズ橿原
イオンシネマ西大和

2月18日(土)より全国順次公開
大阪ステーションシティシネマ
シネマート心斎橋 他

主演は連続テレビ小説「あさが来た」の小芝風花に決定!!

画像

主演:小芝風花
     (こしばふうか)
1997年4月16日、大阪府生まれ。
11年、「ガールズオーディション2011」でグランプリを獲得し、12年にドラマ「息もできない夏」(CX)で女優デビュー。14年3月、映画『魔女の宅急便』で主演を務め、同作で『第57回ブルーリボン賞』の新人賞を受賞。近年は、ドラマ「HEAT」(15/CX)、「早子先生、結婚するって本当ですか?」(16/CX)、舞台「夕陽伝」(15)などに出演。若手ながら確かな実力をもつ女優としての顔をもつほか、バラエティ番組にも積極的に出演するなどマルチに活動の場を広げている。

この度、葛城地域観光協議会が4月に発足した「葛城地域観光振興シネマプロジェクト」の企画により製作される、映画『天使のいる図書館』の主演を注目の女優・小芝風花さんが演じることに決定いたしました。

本作は奈良県の葛城地域に実際にある図書館を舞台に、小芝さん演じる新人司書のさくらが図書館に来た老婦人の“ある願い”を叶えることで、地域の歴史や文化を理解し、そこで出会うさまざまな人々との交流を通して人間的に成長していくという心温まるストーリーです。

主人公の新人司書・吉井さくらを演じる小芝さんは、14年に自身初映画となる『魔女の宅急便』で主演を務め、同作で「第57回ブルーリボン賞」の新人賞を受賞。NHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」(16)や「早子先生、結婚するって本当ですか?」(16/CX)などの話題作へ出演するほか、舞台・ラジオ・バラエティ番組など、その活躍の場をますます広げています。小芝さんは、司書という慣れない仕事に戸惑いながらも地域の人たちとの交流を通して成長していくという役に対し、「さくらが少しずつ変わっていく様子を丁寧に演じたいです」と話し、「クランクイン前には実際にいろいろな図書館に行ってみたいです」と今秋に控える撮影を前に意気込みを述べています。続いて「映画を通して葛城地域の素晴らしいところを知っていただき、実際に奈良県まで足を運んでいただけたら嬉しいです」と話し、映画全編の撮影が予定されている奈良県葛城地域の魅力を発信していくことに期待を寄せています。

監督は映画『桜の雨』(16)のウエダアツシさんが務め、脚本には『百瀬、こっちを向いて』の狗飼恭子さんを迎え入れます。 

相手役に、次世代俳優・横浜流星が出演!さらに、香川京子・森本レオら大ベテランが色を添える!!

映画

  横浜流星
(芦高幸介役)

映画

  森本レオ
(田中草一朗役)

映画

  香川京子
(芦高礼子役)

 葛城地域観光協議会が4月に発足した「葛城地域観光振興シネマプロジェクト」の企画により製作される、映画『天使のいる図書館』。先日、主人公・吉井さくら役を注目の女優・小芝風花さんが演じることが発表されましたが、この度、重要な役どころを演じる追加キャスト3名が解禁となりました。

本作は、奈良県の葛城地域に実際にある図書館を舞台に、小芝さん演じる新人司書のさくらが図書館に来た老婦人の“ある願い”を叶えることで、地域の歴史や文化を理解し、そこで出会うさまざまな人々との交流を通して人間的に成長していくという心温まるストーリーです。

 主人公・さくらに出会い“あるお願い”をすることでさくらと心を通わせていく芦高礼子役を、昭和を代表する名女優として知られる香川京子さんが務めます。映画『東京物語』(53/小津安二郎監督)や『近松物語』(54/溝口健二監督)など、日本映画史に残る名作に数多く出演しており、なかでも黒澤明監督作には『天国と地獄』(63)、『まあだだよ』(93)など、多数出演しています。本作では、さくらと共に葛城地域をまわり過去を回想し、想いを馳せるという物語の中でも重要な役どころを演じます。

 さくらが勤める図書館に嘱託の職員として勤務する田中草一朗役は、俳優・ナレーターとして長年に渡り活躍する森本レオさんを起用。優しい語り口を活かしナレーターとしても広く知られている森本さんですが、映画『おとうと』(10)や『後妻業の女』(16)など俳優としても存在感のある演技を披露しています。本作では、物静かでさくらたち図書館職員を温かく見守る傍ら、過去に起こったある出来事によって心に傷を抱えるという役どころを演じます。

 礼子の孫・芦高幸介役には、次世代を担う若手俳優・横浜流星さんを起用。2014年に「烈車戦隊トッキュウジャー」(EX)でトッキュウ4号・ヒカリを演じ、人気を博す。本年には、映画『オオカミ少女と黒王子』『全員、片想い』など映画5本に出演、10月期連続ドラマ『潜入捜査アイドル・刑事(デカ)ダンス』の出演や来年1月には『キセキ-あの日のソビト-』の公開が控えるなど、今最も注目を集める若手俳優の一人として活躍しています。

 新人司書・さくらと、さくらを取り巻く人々の心温まる物語に、ぜひご期待ください。

大和高田市、御所市、香芝市、葛城市、広陵町の観光プロモーションビデオが公開されました。

プロモーションビデオの視聴は上のバナーをクリックしてください。

奈良県葛城地域を舞台にした映画が製作されます

奈良県の中西部に位置する大和高田市、御所市、香芝市、葛城市と広陵町でつくる葛城地域観光協議会では、地元の魅力を映画で伝えようと、「葛城地域観光振興シネマプロジェクト」を平成28年4月25日に発足しました。

映画のタイトルは『天使のいる図書館』で、葛城地域に実際にある図書館を舞台にした物語です。
主人公の新人司書の女性が、図書館に来た老婦人のある願いを叶えることで、地域の歴史や文化を理解し、そこで出会うさまざまな人々との交流を通して人間的に成長していくという心温まるストーリーです。オール葛城地域での撮影が行われ、2017年2月の公開を目指します。

さらに今回、映画製作及び宣伝を支援してくださるサポーターを募集する運びとなりました。(受付は終了しました)
お寄せいただきました協賛金はすべて映画製作資金、または映画宣伝費として活用されます。映画『天使のいる図書館』の製作と上映活動を通して、多くの方に葛城地域の魅力を知っていただきたいと考えています。応募は公式ホームページよりお申込みいただけます。(受付は終了しました)


葛城地域観光振興シネマプロジェクト

・葛城地域観光協議会(大和高田市、御所市、香芝市、葛城市、広陵町)

・映画製作委員会((株)ワンダーラボラトリー、(株)JR西日本コミュニケーションズ、 HORIZON(株) 、(株)ユナイテッドエンタテインメント、ライブラリーコンテンツサービス(株) )

お問合せ

葛城地域観光協議会
〒635-0096 大和高田市西町1の11
電話: 0745-23-7701

映画『天使のいる図書館』への別ルート