ページの先頭です

高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種

[2018年4月15日]

ID:358

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

肺炎球菌ワクチンとは?

肺炎は、日本人の死因の第3位であり、死亡者の95%以上が65歳以上の人です。肺炎の原因でいちばん多い病原菌は肺炎球菌です。 肺炎球菌ワクチンを接種しておくと、肺炎の予防や、肺炎にかかった場合にも軽い症状で済む効果が期待されます。(公費助成の対象となるのは、生涯で1回限りです。)

今年度接種の対象者(右表)には、4月に「お知らせ(はがき)」をお送りしています。接種を希望される人は、市内の医療機関に予約後、接種してください。
※市外の医療機関での接種を希望する人は、問い合わせてください。

※「お知らせ(はがき)」を受け取られても、過去に肺炎球菌ワクチン(ポリサッカライド)「ニューモバックスNP」を接種したことのある人は対象外となります。

1.対象者

御所市に住民票のある人で、次の(1)または(2)の人

(1)平成30年度に下表の対象年齢になる人

対象者
年齢生年月日
65歳昭和28年4月2日生から昭和29年4月1日生
70歳昭和23年4月2日生から昭和24年4月1日生
75歳昭和18年4月2日生から昭和19年4月1日生
80歳昭和13年4月2日生から昭和14年4月1日生
85歳昭和8年4月2日生から昭和9年4月1日生
90歳

昭和3年4月2日生から昭和4年4月1日生

95歳大正12年4月2日生から大正13年4月1日生
100歳大正7年4月2日生から大正8年4月1日生

(2)満60歳以上65歳未満の人で次のいずれかに該当する人

  • 心臓、じん臓または呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する人
  • ヒト免疫不全ウィルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する人

(2)の該当者は、事前に下記1から3のいずれかを健康推進課(いきいきライフセンター)へ持参し、手続きを行ってください。
※ただし、過去に、肺炎球菌ワクチンを接種した人は対象外となります。(接種は生涯で1回限りです。)

  1. 医師の診断書
  2. 身体障害者手帳(1級)
  3. 病名が確認できる医師の証明書

2.接種料金

2,500円

ただし、市民税非課税世帯の人、生活保護世帯の人は無料となります。事前に健康推進課(いきいきライフセンター)で手続きを行ってください。手続きなしで接種された場合、自己負担金の返金はできませんのでご注意ください。

手続きに必要なもの

身分証明書、お知らせ(はがき)

3.接種方法

直接、市内医療機関にお申し込みください。

平成30年度 御所市指定医療機関

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

4.接種時の持ち物

  • 「お知らせ(はがき)」※紛失した場合は、医療機関でその旨申し出て、接種してください。
  • 健康保険証
  • 接種費用
  • 予診票(※無料の人のみ)

市外の医療機関で接種される場合

事前に手続きが必要です。接種を希望される医療機関に予約後、健康推進課(いきいきライフセンター)へ手続きにお越しください。

5.実施期間

平成30年4月15日(日)から平成31年3月31日(日)まで

事前の手続きが必要な人へ

手続きなしで接種された場合、自己負担金の返金はできませんのでご注意ください。

無料となる人の手続きに必要な書類

お問合せ

御所市市民安全部健康推進課

電話: 0745-62-3001 ファックス: 0745-65-2615

お問い合わせフォーム


高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種への別ルート