ページの先頭です

ごみの種類と正しい出し方(分別収集)

[2017年5月1日]

ID:284

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ごみの出し方と分別方法について

出す前に資源となるもの、資源とならないもの、もう一度見なおそう!!

ごみの出し方分別方法

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。
ごみの種類と分別収集方法

分別種類

 分別基準

ごみの例

排出方法

可燃ごみ

一辺が60cm以下の燃えるごみ

生ごみ類(料理くず、残飯、茶かす等)

紙くず類(ちり紙、油紙、紙コップ、包装紙等)

布類(はぎれ、衣類等)

皮革類(かばん、くつ等)

プラスチック類・樹脂製品類(プラ製容器包装、レジ袋、CDケース等、玩具等)

木製類(板切れ、木箱等)

草木類(剪定枝、刈草、落ち葉等)

 週2回の燃えるごみの日に指定有料袋で軒先に排出

粗大ごみ

一辺が60cmを超える大型の燃えるごみ

家具類(たんす、いす、木机、ソファ、ベッド、スチール家具等)

布団類(毛布、布団等)

長尺類(スキー板、カーペット、ゴムホース等)、自転車等

 4週に1回の粗大ごみの日に集積場に排出

資源ごみ

再資源として利用できるごみ

紙類(新聞紙、雑誌、段ボール、飲料用紙パック等)

缶類(ジュース缶、缶詰の缶、菓子缶、スプレー缶等)

びん類(ビールびん、酒びん、ジュースびん等)

ペットボトル(飲料用ペットボトル、醤油等のペットボトル)

金属類(調理器具、はさみ、小型の家電製品等)

4週に1回の粗大ごみの日に集積場に排出

※紙類は新聞紙、雑誌、段ボールに分別して排出

※缶類はアルミ缶、スチール缶に分別して排出

※びん類は透明、茶色、その他の色に分別して排出

不燃ごみ

燃えないごみ

陶磁器類(茶碗、植木鉢等)

ガラス類(ガラス、ガラス食器、白熱灯電球、香水のビン等)

 4週に1回の粗大ごみの日に集積場に排出

有害ごみ

水銀等、有害性のある物質を含むごみ

乾電池、蛍光灯、水銀体温計等

 4週に1回の粗大ごみの日に集積場に排出

ごみは決められた日の決められた場所へ出してください(決して前日に出さないでください)

小動物の死体の処理について

飼い猫や飼い犬が死んだ場合は、ダンボール等のケースに入れてクリーンセンターへ持ち込んでください。

処理料金

一匹につき1,100円

クリーンセンターへの持込について

搬入時間

午前8時30分から正午、午後1時から午後3時

※土曜日、日曜日、祝日となる水曜日の搬入はできません。

処理料金

家庭系一般廃棄物

10kgあたり100円

事業系一般廃棄物

同一事業者について同一日の搬入量が300kg以下の部分は10kgあたり100円、300kgを超える部分は10kgあたり150円

持ち込み場所

御所市大字栗阪293番地

御所市クリーンセンター

地図
クリーンセンター外観

お問合せ

御所市市民安全部環境業務課

電話: 0745-66-2539 ファックス: 0745-66-2441

お問い合わせフォーム


ごみの種類と正しい出し方(分別収集)への別ルート